みんなでつくる 兵庫・北大阪お出かけマップ

  • 投稿方法

ブラジルの移住の歴史を学ぼう

移住ミュージアム

  • コープステーションお出かけ情報
  • 学ぶ!
住所:神戸市中央区山本通3-19-8
Check

行きたい!

114票

行ったよ!

190票

投稿者:コープステーション 2015年4月号さん

掲載内容が変更している場合もございます。
訂正等につきましては、こちらよりお知らせください。

2009年神戸市海外移住と文化の交流センターとして開設されました。

国内唯一の移住関連施設の保存の目的をもつ移住ミュージアムと在住外国人支援、国際芸術交流と3つの機能をあわせもつ施設としてスタートしました。

移住ミュージアム(神戸市立海外移住と文化の交流センター内)

http://www.nippaku-k.or.jp/museum/

日本からブラジルへの集団移住の歴史は、1908年笠戸丸が神戸港を出港したのが始まりです。

明治維新以降の急激な人口増加に対し、国は海外への移住をおしすすめることになったのです。

ハワイやアメリカへの移住が難しくなったのち、「コーヒーの国ブラジルで一旗あげてやるか!」と熱い魂をもった人々がブラジルをめざしました。

これは、その笠戸丸の模型。1908年4月28日、神戸港から第1回の契約移民781名を乗せて出港。一路サントスへ向かいました。

P45-6_1504.jpgブラジル移住者募集のポスター。国をあげての一大政策だったことを物語っています。

P45-7_1504.jpg

 

神戸市立海外移住と文化の交流センターで、「移住ミュージアム」はこの中にあります。

P45-1_1504.jpg

1階は設立当時の神戸の町を写真パネルと地図、映像とともに紹介しています。また移住先で使用した農機具、移住者契約書などの貴重な資料も展示されています。

2階では、居住の再現コーナーや移住者の荷物の実物展示などもしています。

見知らぬ土地で生き抜いた人々のたくましさ、実直さや柔軟さをぜひ感じてください。

 


 

コープステーション2016年4月号は好評発売中3月10日発売

「わたしの町で、お花見しましょ!」特集では、わが家近くの公園の桜、ドライブで出かけたい桜の名所などご紹介。お弁当を持ってお出かけください!

そして、にぎわいが楽しい、「いま、行ってみたい!尼崎案内」。

元気あふれる商店街から思わぬ歴史が息づいている見どころ満載の尼崎特集です♪

他にも見どころいっぱい!今が旬の「真田丸」で盛り上がる高野山の麓、「九度山」をご紹介♪

3/13(日)オープンの「九度山・真田ミュージアム」情報も必見!

 

発売中のステーション最新情報はこちらをご覧ください。

http://www.coop-net-station.net/

 

 

よく見られているページ