2016年06月10日

一年に3度も収穫

豆の若いさやを食べる野菜たちが旬です!

さやいんげんもそのひとつ。
その形から、サーベルいんげん、どじょういんげん
大きく平べったい平さやいんげんなどの種類があります。

ちなみに甘納豆に利用される金時豆や、白餡になる白いんげんは
成熟した豆を乾燥させたものです。

いんげんという名前の由来は
普茶料理で有名な、黄檗山万福寺の開祖隠元禅師が
中国から持ち込んだことによります。

この辺では三度豆とも呼ばれますが
これは、一年に3度も収穫できることから。

よーくゆでると柔らかく、
さっとゆでればしゃきしゃきとした 歯触りが楽しめますね。

今日はたこと合わせてガーリック炒めにしました。

オリーブ油でにんにく、たこ、ゆでたじゃがいも、いんげんを炒め合わせて
塩・こしょうで味付けすれば出来上がり。

いんげんのサクサクっとした食感がおいしい♪
今が季節のたことの相性もGOODです^^
20160610.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ6月1回掲載分

  • [品番:285]ビックリジャンボいんげん
  • [品番:268]ズッキーニ
  • [品番:236]宮崎マンゴー

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン