2016年04月15日

起陽草

にらは歴史の古い野菜で
日本では古事記や万葉集に登場するほど
古くから食べられており、10世紀には栽培も始まったようです。

根さえ残しておくと、刈り取ったあとすぐに葉が茂る
とても生命力の強い野菜で
中国では別名「起陽草」とも呼ばれ
身体を温める「温」の性質を持ちます。

通年出回りますが3~4月が出荷量の最も多い時期。
夏のものよりも、葉が柔らかくって食べやすいんですよ。

ビタミン類が豊富で、特にβーカロテンが多く含まれます。
βーカロテンは、体内でビタミンAとなって健康を守ってくれます。


今日はナムルに しました。

にらはさっとゆでて冷まし、しょうゆ、ごま油、いりごまを合わせます。
他のナムルと、お肉と一緒にごはんに乗せれば
ビビンバの出来上がりです。

にらのナムルがふんわり柔らか~とっても甘いんです♪
簡単で、栄養満点のビビンバ、おススメです^^
20160415.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ4月2回掲載分

  • [品番:322]にら
  • [品番:277]カラーピーマン
  • [品番:247]こころいちご(女峰)

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン