2015年09月11日

京都舞鶴生まれの"とうがらしの王様"

万願寺とうがらしは、とうがらしの王様ともいえる大型で、ボリューム満点の甘味種です。

大正時代に、京都舞鶴の万願寺で生まれたことから、万願寺甘とうとも呼ばれます。
舞鶴は当時貿易の町として栄え、そこへ入ってきたカリフォルニアワンダーという大型種と伏見とうがらしが交雑して生まれたとの説が有力。

大きくて曲がってて、ちょ っとやぼったい外見とは違って柔らかくほんのりと甘味があり、​ピーマンのような青臭みが少ないの​が​特徴​です。​​ 
ピーマン同様、βーカロテンやビタミンCを持っているのもうれしいですね!
バーベキューで素焼きにしてお醤油で食べるのが一番好きですが、今日の肉まきもなかなかですよ。

万願寺に豚薄切り肉を巻きつけてフライパンで焼き、お醤油、酒、砂糖を絡めただけ。
もともとボリューム満点の万願寺とうがらしがさらにボリュームアップ↑↑

万願寺のきりっとしたおいしさが際立ちます♪

20150911.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ9月2回掲載分

  • [品番:329]万願寺とうがらし
  • [品番:109]岩国れんこん
  • [品番:262]南水梨

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン