2015年01月30日

かぶらの品種は何種類?

春の七草のひとつ「すずな」はかぶらのこと。
コロンとした形が鈴みたいですよね。

日本人になじみ深い野菜で
奈良時代にはすでに食べられており
江戸時代には全国各地で
さまざまな品種が栽培されていました。

現在でも、これらの品種が地域野菜として栽培され
その数は80種類にのぼります。

大阪の天王寺や京都の聖護院など
地名の付いたものも多いんです。

保存するときは葉を切り落として冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
葉をつけたままにしておくと
栄養が葉の方へ行き、ス入りの原因になります。

今日はすり流しにしました。

昆布とかつおで濃いめのだしをとり
塩とうすくちで味付けをしてえのきを加えて炊きます。

水溶き片栗粉でとろみをつけ、豆腐を入れて
最後におろしたかぶらを流し入れて出来上がり。

みつばとゆずの皮を添えます。

かぶらが甘くて上品な香り♪
程よいとろみで、冷えた身体にしみわたります^^
20150130.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ1月4回掲載分

  • [品番:309]きくな
  • [品番:339]雪んこ人参
  • [品番:244]フードプランキウィフルーツ

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン