2015年01月09日

カリフラワーは白いものほど良品

カリフラワーは冬に旬を迎える野菜のひとつで
兄弟分のブロッコリーと同じアブラナ科の野菜です。

日が当たると黄色くなるので
葉っぱで包むようにして栽培され
白いものほど良品とされます。

つぼみの数はなんと30万個以上もあるんですって。
30万個の花を咲かせるエネルギーを感じます!

しっかり火を通し、ホロホロと崩れるくらいも好きなんですが
生で食べてもおいしいんですよ。

今日はサラダにしました。

花蕾部分は小房に分け、芯は細かく切って
白や紫の白菜とミニトマトと合わせ
塩昆布、お酢、ごま油で和えました。

カリフラワーが甘くてサクサク♪白菜はシャキシャキ♪
サラダはいろんな食感があったほうが楽しいですよね^^

生で食べると、ビタミンCも有効に摂れます!
20150109.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ1月1回掲載分

  • [品番:283]カリフラワー
  • [品番:234]霜降りはくさい
  • [品番:252]さがほのかいちご

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン