2014年10月31日

子孫繁栄の象徴とされる「里芋」

日本で稲より古くから
主食として食べられていた里芋。
 
山でなく、里で栽培されるから
里芋という名前が付いたとされます。
 
親芋に子芋、孫芋とどんどん付くので
子孫繁栄の象徴とされ、
今でもお正月やおめでたい席には欠かせない食材です。
 
里芋は低温、乾燥に弱いので
泥つきはそのままぬれた新聞紙などで包み
湿り気を逃さないようにして、室内で保存しましょう。
 
 
今日はスープ煮にしました。
 
スープにさといも、白ねぎ、にんじん、ウインナーを入れ
ベイリーフを加えて里芋がやわらかくなるまで煮て
塩 こしょうで味を調え、最後にブロッコリーを加えます。
 
里芋がねっとり、ほっこり♪
スープにもとろみが付いて温まります^^
20141031.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ10月4回掲載分

  • [品番:226]奥越のさといも
  • [品番:305]ブロッコリー
  • [品番:242]葉とらずサンふじ

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン