2014年04月25日

この時期ならでは!採りたての「実えんどう」♪

えんどうは、同じ植物ながら
さやごと食べる「きぬさやえんどう」と
若い子実を食べる「実えんどう」があります。

実えんどうは冷凍や缶詰など、年中手に入りますが
採りたてのものが食べられるのは、3~6月。
今がちょうどその時期なんです。

関西で実えんどうといえば、うすいえんどうがほとんどで
和歌山の特産品です。

もともと、大阪羽曳野の碓井というところで作られていて
名前は地名からついたのであって、
色や味が薄いから、という訳ではないのですよ。

今日は炒め物にしました。

塩と酒で下味をつけたえびを、ごま油で炒めて取り出します。

続いてしいたけを炒め、実えんどうのゆで汁と鶏がらスープを加え
塩、砂糖少々で味付けし、たっぷりの実えんどう、豆腐を加えて温め
えびを戻し、水溶き片栗粉でとろみをつけま す。

実えんどうの味が濃く、甘みたっぷりで
香りも良く、やさしいお味の炒め物です^^
20140425.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ4月3回掲載分

  • [品番:238]実えんどう(うすい)
  • [品番:264]土付きらっきょう(早生)
  • [品番:202]愛媛中島カラマンダリン 340g(3コ入・L)

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン