2013年11月26日

白ねぎと青ねぎ

ねぎは、大きく分けて白い部分を食べる「根深(白)ねぎ」と
根元まで青い「葉(青)ねぎ」に分けられます。

根深ねぎは主に関東で、葉ねぎは関西で好まれてきました。

葉ねぎの代表選手は、京都の九条ねぎ。
1000年以上の栽培の歴史を持ちます。

関東では、深く土寄せをして日にあたらないようにして育て、
白い部分が多くなるよう形成する白ねぎが主流でした。

白ねぎは生だと辛味があり、ピリリと料理の味を引き締めてくれますが
煮込むと甘くなるので、お鍋に最適。
焼きねぎもおいしいですね~!

今日はグラタンにしました。

白ねぎは3cmのぶつ切りにし、スープでコトコト炊きます。
トロトロになったらじゃがいもを加えてさらに炊きます。

別鍋に、バターを溶かして小麦粉をよく炒め
牛乳で伸ばし、ねぎを炊いたスープを加えて、塩で調味し
ホワイトソースを作ります。

ねぎ、じゃがいもと、ホワイトソースを合わせて耐熱容器に入れ
チーズをのせてオーブントースターで焼いて出来上がり。

白ねぎがトロトロで甘ーい♪
やさしい、やさしい、お味のグラタンです^^
20131126.jpg

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ11月3回掲載分

  • [品番:311]白ねぎ(カット)
  • [品番:285]カリフラワー
  • [品番:237]アボカド

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン