2013年11月15日

さつまいもが甘いのは酵素のおかげ

さつまいもは、いも類の中でも甘みが強く
でんぷんを麦芽糖に変える酵素を持ち
加熱することで酵素が活発に働き、甘~くなります。
 
この酵素はじっくり加熱することで活発に働くので
石の熱でじわじわ温められた焼きイモは、ひときわ甘いんですね。
 
ビタミンCを多くもち、でんぷん質に守られ
加熱しても損失が少ないという特徴があります。
  
今日はきんぴらにしました。
 
さつまいもは拍子木に切って水にさらし、油でゆっくり炒めます。
さつまいもに火が通ってから、砂糖、酒、しょうゆで味付けをして
黒ごまを振って出来上がり。
 
甘じょっぱくて、ほくほく♪
秋のきんぴらの定番ですね^^20131115.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ11月1回掲載分

  • [品番:213]さつまいも(なると金時)
  • [品番:303]フードプラン丹波ひかみ葱
  • [品番:210]ゆず徳用

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン