2013年10月22日

長いもの呼び名は地域によりさまざま

長芋はヤマノイモ科ヤマノイモ属の植物で
他にも大和芋や山芋、自然薯などがありますが
地域によって呼び名はさまざまで、種類も多くあります。
 
古くは自生したものを食用にしていた地域もあり
歴史に関しては謎が多く
縄文時代から食べられていたとも言われています。
 
珍しく生食できる芋ですが、それはやまのいも類に含まれる
強力なアミラーゼのおかげ。
 
アミラーゼはでんぷん質の分解酵素で
生で食べた方がでんぷんの消化がよくなるんです。
 
生でサラダやあえ物に、またすりおろしてとろろにしたり。
また、加熱すると甘みが増し、ホコホコとして、また違った食感になります。
 
 
今日は串カツにしました。
 
長芋は厚めのいちょう切りにして、うずらの卵とともに串に刺し
小麦粉と卵で作った衣→パン粉の順につけて、油でからりと揚げます。
 
サクサク、ホコホコの長芋は、じゃがいもとはまた違ったおいしさ♪
ソースではなく、おしょうゆが合うんです^^
20131022.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ10月3回掲載分

  • [品番:303 長いも(カット)]
  • [品番:310 ごぼう(カット)]
  • [品番:200 りょくけんみかん]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン