2013年07月16日

しその歴史

しそは日本で最も古い野菜のひとつで
縄文時代の遺跡からその種が発見されたほど。
 
平安時代にはすでに栽培が始まっていたようで
咳止めとしても利用されていました。
 
中国では蟹を食べて食中毒を起こした少年が
医者が渡したしその葉を煎じて飲み、
元気を取り戻したという話が残ります。
 
「紫の葉で命を蘇らせた」として
紫蘇の名前がついたとされます。
 
この紫蘇は赤しそのことで、青しそは赤しその変種です。
 
涼やかな香りの青しそは薬味、彩りに用いられ
赤しそは梅干しなどの色づけに欠かせません。
 
 
今日は青しそのパスタにしました。
 
オリーブ油で、にんにく、鷹の爪、アンチョビ―を炒め
塩とパスタのゆで汁を加えてよく混ぜ
パスタを絡めて火を止めます。
 
刻んだしそをたっぷり加え混ぜて出来上がり。
 
しその香りがごちそうです♪
20130716y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ7月2回掲載分

  • [品番273:フードプラン大葉]
  • [品番299:とうがん]
  • [品番198:五郎島小玉すいか]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン