2013年07月02日

万願寺とうがらしは「舞鶴市が発祥」

とうがらしは品種によって果実の形、大きさが違い
味もスパイスとして使われる辛いものや
ピーマンのように辛くないものまでさまざまです。
 
京都では大きく分けて4種類のとうがらしが栽培されていて
その中の万願寺とうがらしは舞鶴市が発祥の京野菜。
 
大正末期から昭和初期にかけて、当時貿易が盛んだった舞鶴市で、
在来種の伏見とうがらしと
ピーマンの一種カリフォルニアワンダー系のとうがらしが
交雑して生まれたのでは…と言われています。
 
大きくて厚みがあり、種が少なくて食べやすい万願寺とうがらしは
「とうがらしの王様」とも呼ばれているんです。


今日はラタトューユに入れました。
 
オリーブオイルでにんにくを炒めて香りを出し
たまねぎ、なす、ズッキーニ、万願寺とうがらしを加えて炒め
トマト、塩、少量の水、ローリエを加えて
ふたをして蒸し煮にします。
 
じっくりじっくり煮ることで、野菜のうまみを引き出します。
 
甘くなった野菜の中に、きりりとした万願寺とうがらしが入って
味が引き締まります♪
 
お肉やお魚、パスタに添えていただきます^^
20130702y.jpg

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ6月4回掲載分

  • [品番244:万願寺とうがらし]
  • [品番247:フードプランオクラ(スレキズあり)]
  • [品番202:沖縄マンゴー]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン