2013年04月09日

馴染み深い味わい

今ではすっかりおなじみの春の顔となった
スナップえんどう。
 
スナックえんどうと呼ばれることもありますが
正式名称はスナップえんどうで
スナップとは、「ぽきっと折れる」とか
「パチッという音」という意味を持ちます。
 
スナップえんどうの歴史は浅いですが
実は1970年代にアメリカから導入された
えんどう豆を鞘ごと食べられるように改良された野菜なんです。
 
えんどう豆といえば、古代ギリシャ時代には栽培が始まり
世界中で食べられているとても歴史の古い野菜。
 
どこか馴染み深い味わいがするのはそのせいでしょうか?
 
 
今日は薄揚げと炊きました。
 
だしをうすくちしょうゆとみりんで味付けし
三度豆を炊き、柔らかくなったらスナップえんどうを加えて
さっと炊いて出来上がり。
 
おだしと、スナップえんどうも良く合います♪
シャキシャキ、甘くて、ほっこりします^^

20130409y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ4月1回掲載分

  • [品番226:スナップえんどう]
  • [品番241:京都産生たけのこ]
  • [品番164:沖縄スナックパイン]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン