2013年03月12日

煮ても、炒めても、漬けものでも

きゃべつはアブラナ科の植物で、
大根、白菜、菜の花などと同じ仲間のべジフルです。
 
地中海沿岸に自生する、球にならないケールの野生種がルーツで
葉が重なって巻く今のきゃべつが生まれたのは
13世紀ごろと言われています。
 
日本では南北に長く、標高差がある地形を活かして
産地リレーが行われているため、一年中出回ります。
 
きゃべつの産地は、生育適温の15~20℃の地域を移動しますが
春の訪れを告げる「春きゃべつ」の産地は
比較的暖かい地域が中心。

巻きがゆるくて、柔らかく、みずみずしくて甘味たっぷり。
生でサラダにしてもいいし、煮ても、炒めても、漬けものでもおいしい^^

今日はてんぷらにしました。

きゃべつは角切りにして、さくらえびと一緒にして
天ぷら粉と水を加えて混ぜ、スプーンでまとめて
中温の油に落としてからりと揚げます。
 
サクサクの食感、きゃべつの甘味、桜えびの塩味♪
 
ついつい食べ過ぎてしまいそうです^^;

20130312y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ3月1回掲載分

  • [品番129:春きゃべつ]
  • [品番246:にら]
  • [品番215:日向夏]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン