2012年01月10日

寒さに強いべジフル

ほうれん草はペルシャで生まれて
中国とヨーロッパへ分かれて伝えられました。
 
それぞれ独立した品種が成立したため、東洋種と西洋種があり、
日本へは江戸時代に中国から東洋種が
明治時代には西洋種が渡来しました。
 
近年では、味の良い東洋種と、
栽培しやすい西洋種の交配種が主流です。
 
寒さに強いべジフルで、
霜にあたると甘味が増しておいしくなります。
自分の身体が凍らないように、糖度を上げるからなんです。
 
旬のうちに、たっぷりいただきたいですね!
 
今日はほうれん草の丼にしました。
 
スープで鶏ミンチとしょうがを炊いて、
酒、塩、しょうゆ、砂糖少々で味付け。
茹でて水にさらしたほうれん草をたっぷり加えます。
 
ほうれん草が温まったら水溶き片栗粉でとろみをつけ、
溶き卵を流し入れて、ごま油をぽとっ。
 
アツアツのごはんにとろりとかけて、出来上がり。
 
ほうれん草に甘味があって、おいしい♪
トロトロで身体が温まります^^

0110y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 12月4回掲載分

  • [品番114:ちぢみほうれん草]
  • [品番236:霜降りはくさい]
  • [品番169:紀州一番みかん]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン