2011年12月23日

さまざまな民間療法に用いられてきました

ねぎの持つ栄養素で多いのは、意外にビタミンCなんです 。
そして緑の部分はβ-カロテンが豊富なんです。
 
また、辛み成分が身体を温める効果があるとされ
焼きねぎ湿布やねぎ湯など、
古くからさまざまな民間療法に用いられてきました。
 
漢方ではねぎの白い部分を「葱白」と呼び
風邪のひき始めに、汗をかかせて治そうとして使われます。
 
匂い成分はそれほどきつくないので
生のまま白髪ねぎにして、肉や魚に添えれば
臭み消しにもなりますね。
 
 
今日は、唐揚げに添えました。
 
鶏肉は、酒、しょうゆ、しょうがで下味をつけ
粉をつけてからりと揚げます。
 
白髪ねぎをたっぷりのせて、しょうゆ、砂糖、お酢
にんにく、しょうがを混ぜ合わせたタレをかけていただきます。
 
白髪ねぎは多めがさっぱりしておいしい^^
甘酸っぱいタレとの相性もばっちりなんです♪

1223y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 12月2回掲載分

  • [品番250:白ねぎ]
  • [品番286:ゆず]
  • [品番231:アボカド]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン