2011年12月20日

料理によって使い分けられています

ねぎはユリ科、ネギ属のべジフルで
原産地は中国西部とされています。
 
日本への渡来ははっきりしませんが
日本書紀には「秋葱」としてその記載があります。
 
関東では白ねぎ、関西では青ねぎが好まれてきましたが
今では料理によって使い分けられていますよね。
 
白ねぎは盛り土をして、日が当たらないようにして栽培され
白くて甘~いねぎになります。
 
ただ、栄養的にはお日様に当たった緑の部分。
日に当たった葉の部分は、β-カロテンを含むので
なるべく全体をいただきたいですね。
 
 
今日は、白ねぎと白菜、豆腐を吉野煮にしました。
 
昆布とかつおでしっかりとだしをとり
うすくちしょうゆと酒で調味し
白ねぎと白菜をトロトロに炊きます。
 
最後に豆腐と水溶き片栗粉を加えて
とろみをつければ出来上がり。
おろししょうがを添えていただきます。
 
ねぎがトロトロで、甘~い♪
しょうがとねぎの組み合わせで、身体が温まります^^

1220y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 12月2回掲載分

  • [品番250:白ねぎ]
  • [品番286:ゆず]
  • [品番231:アボカド]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン