2011年09月27日

世界で最も古いフルーツのひとつ

世界で最も古いフルーツのひとつ、いちじく。
 
アラビア半島で生まれたいちじくは
有史以前から地中海沿岸で栽培されていたと言われています。
 
旧約聖書に登場したり、
アダムとイブが裸を隠すのに使ったのも、いちじくの葉です。
 
日本へは江戸時代伝わったようですが
当初は薬用として栽培されました。
 
食用として親しまれるようになったのは明治末期からとされています。
 
香りが薄く、くせがないのでお料理にも使いやすいですね。
 
 
今日はいちじくの天ぷらを作りました。
 
いちじくは固めのものを使います。
 
皮をむいたいちじくは、下粉をつけて
天ぷらの衣をつけて油で揚げます。
 
天つゆと大根おろしを添えていただきます。
 
いちじくが甘くて、油との相性もばっちり♪
上品なお味なんです^^
 
デザートではないですよ、念のため。

0927y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 9月3回掲載分

  • [品番:196] いちじく
  • [品番:216] ぶなしめじ
  • [品番:130] 丹波篠山 黒枝豆

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン