2011年02月18日

なぜ甘くなるかというと・・・

冬野菜の代表格はくさいは
今の時期は、繊維がやわらかく、
本当に甘くておいしいですよね~!
 
なぜ甘くなるかというと、この時期の寒さに理由があります。
 
白菜の水分は90%以上あって凍りやすいのですが
気温が低くなって0度に近づくと
凍らないように葉の中の糖分を増やすのです。
(不純物が入っていると水って凍りにくいでしょ?)
 
だから寒くなって霜にあたると、甘味が増すのですね^^
 
 
甘い白菜をもっと甘くする調理方法に
「焼く」という方法があります。
 
白菜の芯の方を縦割りにして
油でじゅっと焼いて焼き色をつけ
ベーコンを加えてふたをして蒸し焼きにします。
 
白菜から水分がたくさん出るので、水は足しません。
 
塩、こしょうを振っていただきます。
 
すごく簡単なのに、白菜がめちゃ甘!
あっさりとしていていくらでも食べられるおいしさ♪
 
お鍋だけでなく、色んな方法で調理してみてくださいね^^

0218y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 2月2回掲載分

  • [品番:279] 霜降りはくさい
  • [品番:258] 新ごぼう
  • [品番:50]  文旦

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン