2011年02月04日

民間療法に使われてきました

薬味としておなじみのねぎですが
漢方では、ねぎの白い部分を「葱白(ソウハク)」と呼び
漢方薬として使います。
 
風邪による悪寒、発熱、頭痛などに用います。
 
日本でも、焼きねぎ湿布や、ねぎ湯など
さまざまな民間療法に使われてきました。
 
 
今日は子供が風邪気味なので
白ねぎたっぷりのスープを作りました。
 
 
鶏ガラスープにみじん切りにしたたっぷりの白ねぎ、
しょうがを加えて10分ほど炊きます。
 
塩で味付けをして、溶き卵を流し入れ
仕上げにごまを振って出来上がり。
 
ねぎが甘くって♪
卵も甘くて、やさしいおいしさ。
身体がぽかぽかします^^
 
ちょっと熱のある娘は
ごはんにかけて、クッパ風にして食べていました。

0204y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 1月4回掲載分

  • [品番:279] 白ねぎ
  • [品番:292] 小松菜
  • [品番:234] きんかん

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン