2010年09月28日

フランスでは「シャンピ二オン」

コロリンとした形がかわいらしいマッシュルーム。
世界で最も多く栽培されているきのこです。
 
原産国のフランスでは「シャンピ二オン」と呼ばれています。
日本では大正10年に栽培に成功し、
「西洋マツタケ」という名前で販売されました。
 
秋の味覚マッシュルームは、サラダにして生でも食べられます。
生で食べるとコリコリとしていて、独特の歯触りと香りがいいですが
香りとうまみの引き立つバター炒めもおいしいですよね^^
 
で、今日はマッシュルームのバター炒め。
 
マッシュルームは大きいものは半分に切って、
バターとにんにくのみじん切りと一緒に炒めます。
 
白ワインを振りかけて蓋をして蒸し煮にして
塩、こしょうし、パセリを散らして出来上がり。
 
簡単で、濃厚なおいしさ^^
ワインがすすむおつまみにいいですね♪
 
お醤油を少し加えると、ごはんのおかずにもなります。

0928y.jpg

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 9月3回掲載分

  • [品番:273] ぶなしめじ
  • [品番:153] まいたけ
  • [品番:316] 栗

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン