2010年09月07日

夏のべジフル

とうがんは、名前に「冬」がつきますが
れっきとした夏のべジフルです。
 
ウリ科のべジフルで、かんぴょうになるユウガオや
漬物にするシロウリ、にがうりなどが仲間。
 
原産地は熱帯アジアで、日本へは
中国、朝鮮経由で4世紀ごろ伝えられ、食用とされてきました。
 
中国では利尿、清熱(熱を冷ます)作用があるとされ
暑気当たりや、むくみがあるときに食べられました。
 
いつまでも暑い今年の夏、是非ともとりたいべジフルですね!
 
子供たちのリクエストにより、
今日はとうがん入り餃子にしました。
 
中に入れる具材は、豚ひき肉、とうがん、にら。
冷蔵庫に残っていたしめじ、なすもぜんぶみじん切りにします。
 
とうがんとなすは、塩をふってしばらく置き、
水気を絞って他の具材と合わせて練り混ぜ
ごま油で調味して餃子の皮に包みます。
 
いつものようにフライパンで蒸し焼きにすれば出来上がり^^
 
私は餃子は白菜派なんですが、
今の時期は、とうがんでも全然いけます◎
 
冬の白菜のような甘味はないけど
あっさりしていて、時々とうがんの香りがする
夏向きの餃子です。
 
ビールと一緒にぜひどうぞ♪

20100907y.jpg

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 8月5回掲載分

  • [品番:298]とうがん
  • [品番:296]こまちのえだまめ
  • [品番:017957]二十世紀梨

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン