2010年04月30日

やっぱり豆ご飯

うすいえんどうの新物が出始めると
春だな~って感じがしますよね^^
 
実えんどうは、えんどう豆を未熟なままさやから取り出した豆。
さやごといただくさやえんどうは、えんどう豆の若さやで、
中華料理に使われる豆苗は、えんどうの若い芽です。
 
その歴史は古く、ヨーロッパでは石器時代の遺跡から
えんどう豆が出土するそう。
ツタンカーメンの副葬品の中にも
えんどう豆があったことは有名ですよね。
 
ツタンカーメンのえんどう豆は、3000年の時を経て
発芽し、今世界中で食べられているそうです。
一度食べてみたいですよね。
 
日本人にとってえんどうといえば、
やっぱり豆ご飯でしょう♪
 
お米を普通に水につけて、お酒の分量だけ水をとります。
昆布と塩、お酒、実えんどうを加えて普通に炊きます。
 
さやから出すとすぐに風味が落ちるので
料理する直前にとりだしましょう。
 
1シーズンに1度は食べたい豆ご飯。
鮮やかなグリーンが、白いご飯によく映えて嬉しくなります。
 
実えんどうが甘くていい香り。
何杯でもおかわりしたくなる味ですね^^;

20100430y.jpg

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 4月3回掲載分

  • [品番:316]実えんどう
  • [品番:132]新ごぼう
  • [品番:384]スナックパイン

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン