2017年09月08日

「カンボジア瓜」がなまった野菜!?

冬至に食べると風邪をひかないといわれるかぼちゃ。
体内でビタミンA に変わるβーカロテンが多く
昔から風邪予防に重用されてきました。

でも、かぼちゃは温かい時期に収穫される野菜。
冬に食べる習慣があったのは、保存がきいて、
冬場の貴重な栄養補給として食べられていたからなんです。

ビタミンA のほか、ビタミンCやEも持つ、
優秀な野菜だからこその習慣なんですね。

ちなみに、かぼちゃという名前は
カンボジアからやってきた「カンボジア瓜」が
だんだんなまって「かぼちゃ」と呼ばれるようになったんですって。

でも、原産地は中南米。
コロンブスによって世界中に広がった野菜のひとつでもあります。

今日は、チヂミにしました。

小麦粉をだしで溶き、かぼちゃの細切りとネギを加えて混ぜ
多めのごま油でこんがりと焼きます。

しょうゆ・酢・すりごま・唐辛子で作ったタレでいただきます。

ピリッとしたたれの中にかぼちゃの濃厚な甘み♪
ついついビールがすすむおいしさです^^
20170908.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ9月1回掲載分

  • [品番:281]フードプランなんきん
  • [品番:149]フードプラン洋にんじん
  • [品番:242]二十世紀梨

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン