2017年08月18日

ゆで豚との相性もばっちり♪

この季節、薬味として大活躍のしょうが。

しょうがの歴史は古く、東南アジア原産で紀元前300年には
すでに栽培が始まっていました。

日本へは3世紀には伝わっていたとされ
おもに薬用として利用されました。
食用として一般的になったのは江戸時代のことです。

ツーンとする辛さや独特の香りの中に
さまざまな薬効があるとされます。

よく話題になる身体を温める成分も、この辛み成分にあるのです。

うちではよくしょうが湿布をします。
おろししょうがをお茶パックに入れて熱湯に入れて煮だし
その湯にタオルをつけて絞り、おなかや肩に湿布をします。

夏でも冷たいものの摂りすぎや冷やしすぎで
身体が冷えたときに、しょうがのチカラを借りると
とっても気持ちがいいのですよ。

今日はしょうがとレモンを合わせてゆで豚にかけました。

たっぷりのしょうがのすりおろしとレモン汁、砂糖、塩、ごま油。
すべてよく混ぜるだけ。

しょうがのいい香りとさっぱりレモンが、食欲をそそります^^
もちろんゆで豚との相性もばっちり♪

20170818.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ8月3回掲載分

  • [品番:311]フードプラン黄金しょうが
  • [品番:303]水なす
  • [品番:237]兵庫のいちじく

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン