2017年05月12日

食感と香りの野菜

しゃきしゃきの食感と香りの野菜セロリは江戸時代に日本へ渡来し、
「オランダ三つ葉」や「白せり」と呼ばれた時代がありました。

地中海地方が原産で、独特の香り成分がストレスを和らげると、
古代ギリシャ時代から薬草として用いられてきそう。

生でサラダにすることが多いですが、肉や魚のにおい消しに良く、
スープや煮込み、炒めものに入れるとアクセントになってくれます。

茎よりも、捨てられがちな葉のほうが栄養豊富なので
刻んで薬味にしたり、炒めてきんぴらにしたり・・・
ムダなく活用したいですね!

今日は天ぷらにしました。

セロリの茎は筋を取って細切りにし
天ぷらの衣にくぐらせて、からりと揚げるだけです。

しゃきしゃきとした食感はそのまま、
香りは少し和らいで、食べやすくなります♪

最近お疲れ気味の、家族の心が和むといいな^^
20170512.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ5月2回掲載分

  • [品番:216]北海道産アスパラガス
  • [品番:284]三度豆
  • [品番:233]クインシーメロン

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン