2016年12月23日

しゃきしゃきの甘ーいりんご

世界中で親しまれているりんごは、
アダムとイブの神話にも登場するほど歴史の古いフルーツで
トルコでは8000年前の遺跡から発見されています。

リンゴには様々な品種があり
世界中なんと1万種類以上あると言われ
日々新しい品種も生まれています。

日本で現在栽培されてるのは100種類ほど。

ふじは 国光×デリシャス
つがるは ゴールデンデリシャス×紅玉
シナノスイートは ふじ×つがる

というようにほとんどが親戚関係なんです。
それぞれの特徴が出ていますよね~

今日はふじを使ってピクルスを作りました。
しゃきっとし た歯触りで酸味も多いりんごです。

お水、酢、砂糖、塩、ブラックペッパー、ローリエ
全部温めて、マリネ液が暖かいうちににんじんや大根など
固いものを入れて、冷めたらきゅうりやりんごを加えます。

パリパリっと酸っぱいピクルスの中に
しゃきしゃきの甘ーいりんごがおいしい♪

良いアクセントになって、クリスマスにも活躍してくれそうです^^
20161223.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ12月3回掲載分

  • [品番:251]フードプランサンふじ
  • [品番:71]ちぢみほうれん草
  • [品番:339]新ごぼう

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2016年12月16日

はりはり鍋には欠かせない♪

水菜は、日本原産のアブラナ科の野菜で
平安時代には京都で栽培が始まっていたとされます。

京都で栽培されるので京菜とか
葉っぱが柊に似ているので柊菜とも呼ばれます。

水菜という名前は、江戸時代に東寺や九条あたりで
肥料を使わず、畑の畝の間に水を引いて栽培されていたことから付いたそう。

寒い季節、柔らかくなり、はりはり鍋には欠かせない
食材として親しまれてきました。

生でも食べられるので
加熱するときはさっと軽く火を通す程度にすると
しゃきしゃきだけど柔らかく食べられますね!

今日は、豆乳はりはり鍋にしました。

鶏ガラスープに豆乳を加え、塩、薄口で味付けして温め
白菜や、白ねぎ、きのこ、豆腐などを炊いて
水菜は、最後に加えてさっと火を通していただきます。

はりはりというのはしゃきしゃきの食感のこと。
しゃきしゃき、柔らかくて、おいし♪

〆はごはんを入れてチーズをとろーり
リゾットにしていただきました!
満足、満足^^

20161216.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ12月2回掲載分

  • [品番:230]霜降りはくさい
  • [品番:233]豊岡の不ぞろい生しいたけ
  • [品番:250]ゆめのかいちご

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2016年12月09日

おつまみにもピッタリ♪

山の芋は地域によっていろいろな呼び名があって、種類も多いのが特徴。
ヤマノイモ科ヤマノイモ属の植物で、一番馴染みのあるのが
水分が多くさらりとした長芋でしょうか。

古くは自生のものを採取していたと考えられ
日本では縄文時代から食べられていたともいわれます。

粘り気があり、精もつくので
昔から病人食や強壮食として利用されてきました。

ネバネバ成分に含まれるムチンは納豆やれんこんの粘り成分と同じもの。
豊富な酵素は消化を助けてくれます。

芋類の中で唯一生で食べられるので
食欲のないときはすりおろしてとろろにすれば食べやすいですね。

おつまみに長芋のポテトフライを作りました。

長芋はよく洗い、皮つきのまま細長い乱切りにし
油でこんがり揚げるだけ。

塩をぱらぱらとふっていただきます。

ほくほく、サクサク、微妙な食感があとをひきます♪
じゃがいもよりもあっさり。
中まで火を通す必要がないので、作るのも楽ちんなんです^^
20161209.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ12月1回掲載分

  • [品番:336]フードプラン長いも(カット)
  • [品番:311]こかぶ
  • [品番:251]王林

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2016年12月02日

ビタミンCたっぷり♪

みかんといえば、温州みかんのこと。
日本独自の品種で、手軽に皮をむいて食べられるのが人気で
欧米でも親しまれるようになりました。

温州という名前は、みかんの産地で有名な
中国の温州府からとった名前ですが
400~500年前に鹿児島県で偶然に発生したものとされています。

ビタミンCが含まれ、3~4個で1日の必要量が摂れます。
酸味のもとのクエン酸、黄色の色素成分βクリプトキサンチンなどを含み
風邪のひきやすい季節に、暖かいこたつでパクパク、いっぱい食べたいですね!

たくさんいただいたのでママレードにしました。

皮は細かく切り、実はざく切りにし
砂糖と一緒にトロリとするまで炊くだけです。

みかんの味が濃くなって、
香りも酸味もしっかり感じられるママレードです♪

クリームチーズとパンに塗って、めっちゃおいしい^^
ケーキにも使ってみようかなと思います!
20161202.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ11月5回掲載分

  • [品番:241]有田の舌鼓みかん
  • [品番:346]やまといも
  • [品番:323]ちぢみほうれん草

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン