2016年08月26日

沖縄での呼び名が定着♪

独特の苦みが特徴のゴーヤー。

最近まで、本州では「にがうり」と呼ばれることが多かったのですが
今では沖縄での呼び名「ゴーヤー」が定着しました。

正式和名は「ツルレイシ」といいます。
「ゴーヤー」は沖縄の方言で、名前については諸説ありますが
栽培を始めた人が「合屋」という名字だったことが由来という話も伝わります。

暑さ極まる8月がおいしい時期で
火を通しても壊れにくいビタミンCを多く持ち、苦みが食欲を増進してくれます。

しっかり食べて、夏バテ気味の身体を回復させたいですね。

今日は塩炒めにしました。

ごま油で豚バラ肉をカリっと炒め
にんにく、塩、こしょうで味をつけ、ゴーヤーをたっぷり加えます。

酒を振りいれ、ゴーヤーがしんなりするまで炒めて出来上がり。
最後まで強火で炒めて、ゴーヤーの水分を出さないようにします。

シンプルな塩炒めですが、ゴーヤーのほろ苦さがおいしい♪
塩はきつめに、好みでかつお節を振りかけてもいいですよ^^
20160826.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ8月4回掲載分

  • [品番:281]ゴーヤー
  • [品番:341]やまといも
  • [品番:231]完熟梨(赤梨)

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2016年08月19日

がんばれ!きゅうり

暑い日に丸かじりしたくなるきゅうり、
夏の食卓には欠かせませんね。

同じウリ科のかぼちゃやすいかは熟してから食べますが
きゅうりは未熟なうちに食べる野菜です。

その歴史は古く、6世紀ごろには日本へ伝わっていましたが
下品なウリとして人気がなかったのだそう。

祇園神の神紋にきゅうりの輪切りの断面が似ているとして
祭りの間はきゅうりを食べないとか
徳川の葵の御紋に似ているから、武士はきゅうりを食べなかったとか…

歴史の中ではマイナスイメージの強い野菜なんですよね。

そして今も、世界一栄養価の低い野菜としてギネスブックに も登録…
なんて、目も当てられない、きゅうり。

でも、河童は大好きだし、食べると身体の中から涼しくなるし
輪切りにしなければ、畏れ多くもなんともない!(がんばれ!きゅうり)

今日は、冷たいスープにしました。

スープに酢、砂糖、しょうゆ、塩を加えて冷まし
わかめ、千切りきゅうり、いりごま、氷を加えて出来上がり♪

酸味のきいた冷たいスープに、しゃきしゃきのきゅうりが涼しい味わいです^^
猛暑が続く今年の夏は、余計においしく感じられます。
20160819.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ8月3回掲載分

  • [品番:291]こまちのきゅうり
  • [品番:337]とうがん
  • [品番:239]兵庫のいちじく

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2016年08月12日

スイートコーンのひげと粒の数

ふさふさとした立派なひげが目を引き
暑い季節になると甘くなるスイートコーンがおいしい季節です。

イネ科の植物で、ひげの1本1本が
1粒1粒につながっています。

ひげの正体は実はめしべ。
長く伸びるめしべは絹糸と呼ばれ、花粉がつくと受精します。
だから、ひげの数と粒の数は同じなんですね。

ひげは漢方薬として利用されます。
干したものを煎じて飲むと利尿効果があると言われているんですよ。

ひげの色が茶色になったら実が熟した証拠。
とても甘く、濃い味になっているはずです。

よく熟したコーンをカレー味のおつまみにしました。

フライパンに油とクミンを入れて火にかけ
クミンがぱちぱちしたら、食べやすく切ったコーンを入れて火を通します。

全体が焼けたらカレー粉、粗挽き黒こしょう、塩、水を混ぜたものを加えて
味を絡めたら出来上がり。

甘ーいコーンとスパイスの香りがぴったり♪
ビールによく合うんですよ^^
20160812.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ8月2回掲載分

  • [品番:257]ピクニックコーン
  • [品番:213]フードプラントマト
  • [品番:226]シャインマスカット

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2016年08月05日

身体に潤いを

暑い暑い日が続きますね…
こんなに暑いとよく冷やしたフルーツが恋しいですよね。

今の季節おいしいフルーツ、みずみずしい桃は
中国が原産のバラ科の植物。

中国では古くから不老長寿、魔除けのフルーツとして親しまれ
孫悟空のお話にも登場します。

日本には縄文時代のころからあったとされ
古事記や万葉集にも登場し、室町時代には
「桃太郎伝説」も生まれています。

カリウムや食物繊維を持ち
水分がたっぷりで、夏バテした身体に潤いをもたらしてくれます。


今日は桃のジュースにしました。

桃は皮をむいて 、ざく切りにして凍らせ
牛乳とシロップと一緒にミキサーにかけます。

トッピングに桃のアイスを浮かべてみました。

たっぷり入れた桃のやさしい甘みがたまりません♪
暑い夏の昼下がりに、ゆっくり飲みたいジュースです^^
20160805.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ8月1回掲載分

  • [品番:236]加納岩の桃
  • [品番:219]ピクニックコーン
  • [品番:262]フードプラントマト

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン