2015年06月26日

ご存じでしたか?ズッキーニ、実はかぼちゃの仲間です。

ズッキーニは、大きなきゅうりに見えますが
実はかぼちゃの仲間、ペポかぼちゃなんです。

かぼちゃの仲間ですが、熟すまで置かず
未熟な状態で収穫し、追熟もさせず早めに食べます。

食感はなすに似ていて、あっさりジューシー。
フランスの家庭料理ラタトューユには欠かせない野菜です。

ヨーロッパでは古くから食べられていますが
日本で普及し始めたのは80年代のこと。
まだまだ新しい野菜です。

トマトなどの夏野菜と煮込むラタトューユや
カレーやパスタに使ったり、和風に味噌炒めにしたり。
あっさりとしているので、どんな料理にもよく合うんですよ。

今日はフライにしました。

ズッキーニは輪切りにし、ほかの野菜も食べやすく切り
小麦粉+水で作った衣とパン粉をつけて、油でからりと揚げます。

パルメザンチーズと塩を振りかけ、レモンを絞っていただきます。

外はサクサク、中はジューシー。
チーズの濃厚な香り♪冷えたビールがよく合うんです^^
20150626.jpg

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ6月4回掲載分

  • [品番:290]ズッキーニ
  • [品番:289]スィートコーン
  • [品番:240]国産ブルーベリー

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2015年06月19日

夏野菜の代表選手、トマト!

夏の太陽をいっぱいに浴びて育つ、真っ赤なトマトは
夏野菜の代表選手。世界中の人々に愛される野菜です。

トマトという名前は「トマトゥル」という言葉が由来で
トマトゥルとは、メキシコでほおづきのこと。
トマトがほおづきに似ていたことから名前がついたと言われています。

日本へ伝わったのは17世紀のこと。

昆布と同じうまみ成分のグルタミン酸が含まれ
生でも、加熱してもおいしくいただけます。

調味料として料理の味を引き立て
肉や魚のうまみ成分のイノシン酸と出会うことで
おいしさがさらにアップするんです。

今日は、トマト入りの肉じゃがにしました。

牛肉、たまねぎ、じゃがいも、にんじん、トマトを炒め
だし、砂糖、しょうゆ、酒を加えて野菜が柔らかくなるまで炊きます。
最後にオクラを加えて出来上がり。

いつもの肉じゃがに、トマトのうまみ、酸味、甘みが加わってさっぱり♪
食欲が増す夏向きの肉じゃが、好評です^^20150619.jpg

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ6月3回掲載分

  • [品番:291]健太郎トマト
  • [品番:300]ズッキーニ
  • [品番:248]あんず

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2015年06月12日

バナナ栽培の始まりは紀元前1万年前

ほとんどが、フィリピンや台湾、南米などから輸入され、
年間通じて食べることができるフルーツ、バナナ。
輸入量は第1位の人気のフルーツです


紀元前1万年前から栽培されていたといわれ
偶然できた種のないバナナの苗を
人間が栽培したのが始まりとされます。

そういえば、バナナの種はないですよね?
よく見ると黒い点々があって、これが種のなごりなんです。

木ではなく、ばしょう科の大きな草に成ります。
2~10mもある大きな草で、茎に見える部分は
やわらかい葉が重なり合ってできているんす。

消化吸収がよく、即効性、持続性のあるエネルギーをもつので
スポーツで消費したエネルギー補給にもぴったりです。

今日はおろし和えにしました。

だいこんをすりおろし、水気を切って
酢、砂糖、塩、うすくちしょうゆで作った合わせ酢で味付けし
バナナとキウイを和えれば出来上がり。

大根の辛みとバナナの甘みがよく合うんです♪
さっぱりとして清涼感のある箸休めです^^
20150612.jpg

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ6月2回掲載分

  • [品番:254]フレンドリーバナナ
  • [品番:213]ズッキーニ
  • [品番:318]ピーマン

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2015年06月05日

水分たっぷりのきゅうり

じめじめと暑い季節になって
食べたくなるのは水分たっぷりのきゅうり。

同じウリ科のかぼちゃやすいかは、熟した実を食べますが
きゅうりは未熟な実を食べるという特徴があります。

インドのヒマラヤ山麓生まれで
日本へ伝わったのは6世紀ごろ。

当時はあまり普及せず
薬として利用されていたようです。

民間療法では、葉を暑気あたりに利用し
茎はむくみ取りに使われます。


今日はチャプチェに使いました。

にんにく、砂糖、しょうゆで濃いめに下味をつけた牛肉をごま油で炒め
色が変わったら細切りにしたにんじん、しいたけ、ピーマン
斜め切りにしたきゅうり、戻した春雨、すりごまを加えてできあがり。

濃い味で、野菜たっぷりの炒めものですが
きゅうりが入ることで、さっぱり、あっさりいただけます♪

ごはんもすすみます^^
20150605.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ6月1回掲載分

  • [品番:295]きゅうり
  • [品番:343]新しょうが
  • [品番:240]アンデスメロン

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン