2014年08月08日

きゅうりは95%以上が水分

きゅうりの原産地は東インドで
日本へは平安時代に伝わったといいます。


今ではなじみ深い夏野菜の一つですが
江戸時代には、切り口が葵の紋に似ていたことから
武士階級は食べることがなかったのだとか。


頭の部分に感じる苦味はククルビタシンという成分で
香りは主にキュウリアルコールによるもの。

95%以上が水分で、体の熱を取る陰性の野菜です。
夏にはたっぷり食べたいですね!

 


今日は佃煮を作りました。

きゅうりは薄い輪切りにし、塩をしてしばらく置き
水気を絞ります。

鍋に砂糖、しょうゆ、みりん、酢、せん切りしょうが
鷹の爪ときゅうりを入れて、強火で煮ます。

汁けが少なくなったら、塩こんぶを加えて出来上がり。


パリパリして、きゅうりのさわやかな香り♪
これがごはんにぴったりなんです^^

おにぎりの具にするのもオススメです!
20140808.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ7月5回掲載分

  • [品番:262]きゅうり(曲がり)
  • [品番:244]ピクニックコーン
  • [品番:221]すいか

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

過去の記事過去の記事

次の記事次の記事

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン