2014年06月27日

「太陽の缶詰」と呼ばれるトマト

トマトはお日さまの光が大好きな植物で
「太陽の缶詰」と呼ばれることもあるほど。
 
太陽の光をいっぱい浴びて育った真っ赤なトマト。
この赤い色素はリコピンという成分で、
カロテノイドの一種です。
 
紫外線や活性酸素から自分の身を守るため
トマト自身が生み出した色だと言われています。
 
また、トマトのおいしさは
うまみ成分の「グルタミン酸」プラス「酸味」と「甘み」
料理するときは、だし感覚でたっぷり使うとおいしいですよ。
 
 
今日はトマト坦々麺を作りました。
 
ごま油でにんにく、しょうが、豆板醤を炒めて香り をだし
ミンチ肉、しいたけ、たっぷりのトマトを炒め、スープを注ぎます。
 
すりごまをたっぷり、しょうゆで味をつけて
茹でた中華麺にかけて出来上がり。
 
ちょっぴりピリ辛で、トマトのうまみ、酸味が効いてます♪
 
暑い季節に、さっぱり味の坦々麺で
食欲が刺激されます^^
20140627.jpg

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ6月3回掲載分

  • [品番:269]健太郎トマト
  • [品番:281]スイートコーン
  • [品番:216]和歌山の桃

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2014年06月20日

メロンの網目のヒミツ

メロンのおいしい季節がやってきました!
 
メロンの網目ってどうしてできるかご存じですか?
 
メロンは生育期間中に、
表皮の成長が止まり果実の成長が続く時期があります。

その時に、内側から圧力がかかり、耐え切れなくなると表皮にひびが入り、
このひびをふさぐため、内側から果汁が染み出て固まったものが網目です。
つまり、傷を保護するかさぶたのようなものなんです。
 
だから、網目が細かく均等で
網の1本1本の盛り上がりが高い方が良品とされます。

また、メロンは食べごろが大切。
お尻が少し柔らかくなって、甘い香りが強くなってきたら食べごろです。
(品種特性で、お尻の部分が柔らかくならないものもあります)
冷蔵庫で1~2時間冷やしていただきましょう。
 
今日のおやつはメロンバスケットです。
 
メロンを半分に切って、中身をスプーンで丸くくりぬき
カステラ、カスタードクリームを詰め
くり抜いたメロンを戻して出来上がり♪
 
カステラも、カスタードクリームもメロンの香りがして贅沢~^^
今の季節限定のデザートです。

<補足>
「めーむ」では、品種や季節に応じて、食べごろを表記しています。
お届け商品に、「お届け後は、常温で保管いただき、●~●日が食べごろの目安です。」
とリーフレットを貼付しています。参考にしてくださいね。
20140620.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ6月2回掲載分

  • [品番:204]タカミメロン
  • [品番:258]加賀太きゅうり
  • [品番:283]生きくらげ

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2014年06月13日

歴史あるそら豆

空に向かってさやが伸びることから
名前が付いたとされるそら豆。
 
その歴史は古く、エジプトでは4000年前から
すでに栽培が始まっていたそう。
 
古くからヨーロッパで親しまれ
中国に渡って、豆板醤の主材料になり
日本でも江戸時代以降、栽培が盛んになりました。
 
風味が落ちるので、
調理する直前にさやから出すようにしましょう。
 
おつまみとして茹でるときは、塩と酒を加えたお湯で茹でます。
ゆで時間は1分半~2分くらい。
茹ですぎるとおいしくなくなるので要注意ですよ。
 
今日はたこと一緒にガーリックソテーにしました。
 
生のそら豆と、かた茹でにしたじゃがいもをオリーブ油で炒め、
にんにくのみじん切り、たこを加えて炒め合わせ
塩こしょうで味付けしたら出来上がり。
 
そら豆がホクホクとして甘く、いい香り♪
ビールがすすみます^^
20140613_1.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ6月1回掲載分

  • [品番:159]健太郎トマト
  • [品番:238]こうべ旬菜にら
  • [品番:218]山形さくらんぼ

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2014年06月06日

かぼちゃの仲間「ズッキーニ」

イタリア料理に欠かせないズッキーは、
見た目は大きなきゅうりですが、
実はぺポかぼちゃというかぼちゃの仲間です。
 
完熟した実を食べるかぼちゃと違って
ズッキーニは未熟なうちに食べます。
 
かぼちゃ同様加熱していただくのが一般的で
食感や味は、なすに似ていますね。
 
今日は生でサラダにしました。
 
ズッキーニは太めのせん切りにし、
塩をしてしばらく置き、水分を拭き取って
マヨネーズ、マスタード、レモン汁で和えます。
 
炒めたり、煮込んだりするズッキーニとはひと味違います。
 
ふわっと柔らかく、優しい味のサラダなんです♪
20140606_1.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ5月4回掲載分

  • [品番:283]ズッキーニ
  • [品番:333]オクラ
  • [品番:225]アメリカンチェリー

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン