2012年02月28日

早春を告げるべジフル

早春を告げるべジフル、菜の花。
お雛祭りには欠かせませんね。
 
菜の花は地中海沿岸が原産とされ
日本へは弥生時代に中国から渡来したと言われています。
 
平安時代には照明用の燃料のために
栽培がはじまりましたが、食用になったのは意外と遅く
明治時代以降のことです。
 
まだ花の咲いていない、つぼみが固そうなものを
早めにいただきましょう。
 
つぼみのうちが食べごろなんですよ。
 
 
今日はあさりと一緒にからし和えにしました。
 
あさりは酒蒸しにして、実を出します。
 
菜の花はさっとゆで、からし、しょうゆ、煮切りみりんと
あさりから出ただしも一緒に和えます。
 
菜の花がほろにが♪
あさりのうまみと合わさって、春を感じます^^

0228y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 2月3回掲載分

  • [品番208:菜の花]
  • [品番209:春きゃべつ]
  • [品番173:あまおういちご]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2012年02月24日

猫も大好き

キウイフルーツは猫も大好きな「マタタビ」科のフルーツです。
 
栄養面では、ビタミンCが豊富で、フルーツの中でもトップクラス。
キウイ1コで一日に必要な約7割を摂ることができます。
 
また、若返りのビタミンとも呼ばれる
ビタミンEも豊富に含んでいます。
 
そして、タンパク質を分解するアクチジニンという酵素を持っているので
肉料理と一緒に食べると、消化をうながしてくれます。
 
このアクチジニンは、マタタビにも含まれる酵素で
猫はアクチジニンが大好きなんだそうです。
 
 
今日は、フルーツサラダを作りました。
 
使ったフルーツはキウイ、りんご、バナナ、みかん。
ひと口に切ったフルーツを、水気を切ったヨーグルトと
マヨネーズ、砂糖、塩、こしょうで和えるだけです。
 
キウイの酸味がいいアクセントになってます♪
デザートのようなサラダです^^ 

0224y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 2月2回掲載分

  • [品番289:春キャベツ]
  • [品番212:新ごぼう]
  • [品番399:キウイフルーツ]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2012年02月21日

実は中国が原産

キウイフルーツはニュージーランドが原産地と思われがちですが
実は中国が原産のフルーツです 。
 
ニュージーランドの植物学者が持ち帰って栽培を始め
後に国鳥のキウイに似ているところから
キウイフルーツと呼ばれるようになりました。
 
1年じゅう出回りますが
春から秋にかけては、ニュージーランドのものが
冬から春の間は、国産ものが店頭に並びます。
 
 
今日は、和歌山産のキウイを使ってジャムを作りました。
 
キウイをいちょう切りにして、砂糖とレモン汁を振りかけて
火にかけてコトコト炊き、お好みのとろみがついたら出来上がり。
 
見た目は、海藻みたいなんですが
甘酸っぱくっておいしいんです♪
 
スコーンに添えていただきました^^
 
手作りジャムで、至福のお茶の時間になりました。

0221y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 2月2回掲載分

  • [品番289:春キャベツ]
  • [品番212:新ごぼう]
  • [品番399:キウイフルーツ]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2012年02月17日

βーカロテンを多く持つ

春菊は、ほうれん草以上にβーカロテンを多く持つべジフルです。
βーカロテンは体内でビタミンA に変わります。
 
このβ―カロテンは茹でると増加するので
お鍋に入れて茹でて食べるのは、理にかなっているのです。
 
プーンと香るいい匂い。
この香り成分は、αーペネンやペリルアルデヒトなど
10種類ほどの成分から成り、食欲増進などに働いてくれます。
 
 
今日は、お餅と一緒におろし和えにしました。
 
春菊はざく切りにしてさっと茹で
焼いたお餅、大根おろしと一緒に混ぜます。
 
焼きのりを散らして、ポン酢しょうゆをかけていただきます。
 
春菊の香りに、お餅の香ばしさが加わっておいしい♪
おろしと和えることで、苦みが和らぐ感じがします^^

0217y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 2月1回掲載分

  • [品番199:黄金しょうが]
  • [品番216:ルッコラ]
  • [品番181:紅はっさく]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2012年02月14日

鍋料理には欠かせないべジフル

旬は冬ですが、春に花を開き、菊に似ているところから
名前がついた、春菊。
 
関西では「菊菜」と呼ばれ,
刈り取ったあとから何度も茎葉を出すことから
「無尽菊」「ふだんぎく」と言われたり、「六月菊」という呼び方もあります。
 
原産地は、地中海沿岸とされています。
日本へは、戦国時代に明から伝わりました。
 
ヨーロッパでは観賞用として栽培されていますが、
食用として利用するのは、中国と東南アジア、日本くらいなんだとか。
 
鍋料理には欠かせないべジフルですね。
 
 
今日は、おでんに入れました。
 
すじ肉は圧力なべで1時間ほど炊いて柔らかくし
すじ肉のスープにだしを加え、みりん、しょうゆで味付けし
おでんだねを次々と加えていきます。
 
味が染みたら、ミニトマト、春菊を
ささっとしゃぶしゃぶにしていただきます。
 
こってり味のおでんに、春菊の香りと苦みが
ぴったりなんです♪
 
おでんって、緑黄色野菜の少ない鍋ですが
春菊とミニトマトを入れることで、彩りも栄養もアップしますよ↑

0214y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 2月1回掲載分

  • [品番199:黄金しょうが]
  • [品番216:ルッコラ]
  • [品番181:紅はっさく]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2012年02月10日

百合病によく効いた

ゆりねの持つ栄養は炭水化物が約3割で
野菜の中では高カロリー。
 
独特の甘味は、根っこに蓄えられるでんぷんの一部が
糖化しているからなんだそう。
 
中国では昔から百の病気を合わせたような「百合病」という
病気によく効いたと言われています。
 
民間療法では昔から、滋養強壮、せき止め、
産後の回復食などの効果があるべジフルとして親しまれてきました。
 
 
今日はゆりね入りの炊き込みご飯にしました。
 
米にだしと、酒、塩、うすくちしょうゆを加え
そこへ、鶏肉、薄揚げ、にんじん、しいたけ、ごぼう、
ゆりねをいっぱいのせて普通に炊きます。
 
時々口に入るゆりねがホコホコして甘くって、口福なんです♪
 
ついつい、自分のお茶碗にゆりねをたくさん入れたくなるおいしさです^^;

0210y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 1月4回掲載分

  • [品番278:ゆりね]
  • [品番288:ほうれん草]
  • [品番184:下津みかん]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2012年02月07日

ほんのりとした優しい甘味

百の根が合わさる様子から
百合根という字が当てられているゆりね。
 
食用にされるゆりは、小鬼ゆりが主体で
他に、鬼ゆり、山ゆりなどが利用されます。
 
ほとんどが北海道で栽培され、
主に関西で流通します。
 
ほんのりとした優しい甘味が特徴ですね。
 
そのままの形で調理することもありますが
泥を噛んでいることも多いので、鱗片を一枚ずつはがして洗い
紫がかったところは取り除き、茹でて使いましょう。
 
 
今日は、ぺペロンチーノにしました。
 
オリーブオイルで、にんにくと鷹の爪をゆっくり炒め
香りが出たら、茹でておいたゆりねとブロッコリーを加えて
塩こしょうで味付けし、パスタを絡めて出来上がり。
 
ゆりねが甘くておいしい♪
 
茶碗蒸しにすると嫌がる子どもたちも
パスタにするとパクパク食べてくれます^^

0207y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 1月4回掲載分

  • [品番278:ゆりね]
  • [品番288:ほうれん草]
  • [品番184:下津みかん]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

2012年02月03日

冬のビタミンCの供給源

カリフラワーは和名で「ハナヤサイ」
 
兄弟に当たるブロッコリーは「ミドリハナヤサイ」で、緑黄色野菜ですが
カリフラワーは淡色野菜。
 
ビタミンCが豊富で、しかも加熱しても壊れにくいので
冬のビタミンCの供給源として最適なんです。
 
ほんのり甘く、淡白な味わいで、色んな料理に使えます。
 
今日は炒め物にしました。
 
ごま油で、白ねぎとしょうがを炒め、
香りが出たらえびを加えて炒めます。
 
続いてさっとゆでておいたブロッコリーとカリフラワーを炒め
塩こしょうと酒、砂糖少々で味付けして出来上がり。
 
カリフラワーとブロッコリーは固めに茹でることがポイント。
独特の歯触りが楽しめます♪

0203y.JPG

Check

こちらのやさい、ベジタブルマイスターも購入予定です!

今週の「めーむ」から、ベジタブル&フルーツマイスター丸山暁子が
注文予定のお野菜をご紹介!

めーむ めーむ 1月3回掲載分

  • [品番225:カリフラワー]
  • [品番237:春野菜セット]
  • [品番199:フードプランキウイフルーツ]

「めーむ」での注文はこちら!

カテゴリ: おいしい食べ方

Profile

Profile

日本野菜ソムリエ協会認定

丸山暁子

兵庫県神戸市在住の野菜ソムリエ。2008年野菜ソムリエの資格を取得し野菜 のおいしさや魅力を伝える活動をすすめる一方、コープこうべ家庭料理研究会のメンバーとしても活動中。2児の母。

ケータイサイト

ケータイサイトはご登録ください。

このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。QRコードを撮影して、アクセスしてください。

リンク

やさいを食べよ

やさいを使ったレシピ

エコファーム広場

フードプラン